競馬予想.jpブログ

大阪北浜の投資系の会社が投資のロジック構築手法で競馬予想の投資ロジックを作成中です

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

中央競馬予想、競馬予想.JP 6月14日の記事

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
競馬予想.JP 6月14日(月)の記事
--------------------------------------------
--------------------------------------------

私の予想では馬の能力や過去のデーターと同様
騎乗する騎手もBOX買いの対象となる馬を
選ぶのに重要な項目の一つです。

基本的には芝のレースを中心に予想を行いますが
騎手に関してはダートの成績なども考慮します。


日曜日のレースを見ると
岩田騎手は5勝、2着2回と
12レース中7回も連絡みしています。

現在リーディングの2位、騎乗回数だけなら
トップの成績です。

ちなみに連対率は0,245、3着までの複勝率は0.344

複勝率は3割バッターですよね。

これは多くの厩舎が岩田騎手を信頼しているという
ことです。信頼があるから、勝つ可能性の高い馬や
将来性のある馬の騎乗を託するのでしょうね。

信頼を具体的に書くと、馬の操縦がうまいことと
レースでの即座の判断力(位置取りと仕掛けのポイント)
に優れているといえるでしょう。


馬の出来もそうですが、その馬の潜在能力や可能性
を探るひとつの目安として、騎乗する騎手は判断材料
には十分になりえます。

さて、京都のCBC賞ですが、1200mの短距離
ですと騎手の力で判断するのは難しい部分があります。

武豊騎手も短距離戦は難しいというほど、スタートした
位置取りでレースは決まってしまいます。

ヘッドライナーは好スタートから逃げ切り、それに尽きる
でしょうね。後、3才のダッシャーゴーゴーは52キロと
4コーナーを回り馬場のよい部分を走ることが出来たのは
古川騎手の無欲の結果でしょうね。古川騎手がプレシャー
がかかっていたら・・・どうだったでしょうか。


人気になるということは当然マークもきつくなり、勝たねば
という緊張感にもつながりますから、2着。3着に穴馬が
入るのはこういう事も加味しているのでしょうね。

| 記事一覧 | 12:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://star888158.blog11.fc2.com/tb.php/18-158f8eec

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。