競馬予想.jpブログ

大阪北浜の投資系の会社が投資のロジック構築手法で競馬予想の投資ロジックを作成中です

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

競馬予想.JP 土曜日・日曜日の特別戦の予想

競馬予想.JP

平馬のレースの場合、木曜日の
12時ごろに出走登録を行い
その日の4時ぐらいにレースに
出走するメンバーと騎手が決まります。

但し、特別戦のレースは前もっての登録が
なければ出走が出来ません。

例えば11月13日京都の特別戦といえば

8R 京都ジャンプステークス

9R 円山特別

10R比叡山ステークス

11Rアンドロメダステークス

障害競走以外の特別戦をさらに見ると

9R円山特別 ダート1400m

登録数26頭  内、出走出来る頭数は16頭

10頭の馬は選考基準や抽選などで出ることが出来ません。
実際は26頭は出走登録できるということで、何頭が
出頭登録してくるかわかりません。



10R 比叡山ステークス 芝2200m

登録数15頭

京都の芝レースの場合は最大18頭出走できますから
全馬が出頭できます。


11R アンドロメダステークス 芝2000m

登録数 16頭  すべての馬が出走可能です。

ここで何をいいたいかというと

登録数が少ないのはなぜかということです。
11Rの場合はハンデ戦です。

これは正しい考え方ではないかもしれませんが
登録数が多いということは、強い馬が出走してくる
ために登録を回避している馬が多いとは考えられない
でしょうか?

それとも3開催なので出走数自体が少ないのかもしれませんが。

私の考えがあながし間違っていないのなら、この三つのレースで大きな配当が期待出来るのは
9Rということになります。

但し、木曜日の出走登録が26頭から極端に少なくなるようなことがあれば、調教で抜群の
馬が居るために回避して他のレースに出るということもあるそうです。

その辺は見極め必要です。木曜日の夜にはこのセオリーにのっとり、土曜日と日曜日の特別戦の配当の
大きさ予想を出してみようと思います。

| 競馬予想.jp 記事歴 | 12:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://star888158.blog11.fc2.com/tb.php/85-9636aa85

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。